2018年 10月 の投稿一覧

身長は努力で高くすることができる!ポイントは食事!

男性でも女性でも、身長が高いとスラリとして見た目も美しく素敵です。手足も長いのでどんなファッションでもかっこよく着こなせますし、スポーツをする時もやはり背が高い方が有利になる場合が多いです。身長が伸びる要因はもちろん遺伝の要素が大きいです。しかし、遺伝のほかにも睡眠・運動・食事の要素も大きく関わっています。
特に身体の内側に直接取り入れる食事は大きなポイントになります。

 

骨を強くする食生活が大切

身体の土台となる骨を強くする食生活が大切です。まず食事を抜く、栄養の偏った食事、インスタント食品ばかり食べる生活では骨は強くなりませんし、身長が伸びる要素も減ってしまいます。

身体をつくる基本は5大栄養素です。5大栄養素とは、人間が生命活動を維持するために必要な5つの栄養素のことです。その中の3大栄養素がタンパク質・脂質・炭水化物で身体をつくるエネルギー源になります。ビタミンとミネラルは身体を整えるのに必要な栄養素で、これらを加えて5大栄養素といいます。背を伸ばすための栄養素をとってもこれらが不足すると栄養は生命維持に費やされてしまいます。なのでしっかりとバランスよく食べることが大切です。

身長が伸びるということは、つまり骨が伸びるということです。丈夫な骨をつくってしっかりと身長を伸ばす必要があります。骨を強く丈夫にするためには食事を抜かず、カルシウムを多く含んでいる食材を積極的に食べます。

具体的には乳製品は牛乳・プロセスチーズ・ヨーグルト・スキムミルクです。魚介類はししゃも・干しえび・しらす・イワシの丸干しです。

大豆製品は木綿豆腐・納豆です。

 

カルシウムと一緒に摂るべき栄養素とは?

カルシウムと一緒に取り入れると吸収を高める働きがあるのがビタミンDやタンパク質です。ビタミンDは特に魚類に多く含まれています。かつお・いわし・ニシン・さけ・ますなどです。タンパク質が豊富な食材は、豆類は大豆・えんどう豆・そら豆・納豆です。穀類はとうもろこし・そばです。

野菜類はブロッコリー・アスパラガスです。果実類はアボカド・バナナです。これらを一緒に食べると効果的です。丈夫な骨をつくるためには、吸収率を高める栄養素もバランスよくきちんととることが大切です。注意をするべきなのはインスタント食品です。スナック菓子・甘い炭酸飲料・ハンバーガーなどのジャンクフードです。

インスタント食品にはリンが多く含まれています。リンはカルシウムの吸収を阻害してしまいます。背を伸ばすには極力控えるようにします。

身長と食事の関係を詳しく解説!

人間は食事をとることで栄養を吸収して生きている動物ですが、成長期の子供が順調に大きくなっていくために必要なのは、「睡眠」と「運動」と「食事」と言われています。特に、体を動かすエネルギー源を取り込む食事は身長を伸ばす上で大きな関係があります。

 

成長期にはカルシウム?

成長期に必要な栄養素として名高いのはカルシウムです。しかしカルシウムは骨を丈夫にする栄養素であり、背が伸びるために必要な働きをするわけではありません。そしてカルシウムだけではダメで、骨に定着するためにはマグネシウムも必要です。マグネシウムが不足していたりカルシウムを過剰に摂取してしまった場合、骨に留まらなかったカルシウムが血中に流れだしてかえって健康を損なってしまうこともあるのです。ですからカルシウムとマグネシウムは2:1の割合でとるようにしましょう。

そして骨を伸ばす栄養素であるのは、タンパク質です。筋肉や血液などを作るだけなく、骨端軟骨で骨芽細胞が新しい骨を作り出すための材料としても、タンパク質から作り出されるコラーゲンが使われているのですね。このタンパク質は肉や魚、大豆などの豆類に豊富に含まれています。しかし例えば肉にはタンパク質だけでなく飽和脂肪酸も含まれていて、これをとりすぎると肥満につながってしまいます。肥満も身長をのばすことを阻害する原因の一つとされていますので、魚や豆類とあわせてバランスよくとることが大切なのです。

 

タンパク質をたくさん摂れば良いわけではない!

そして、別の理由からもタンパク質をたくさんとればいいわけではないということがわかります。それはタンパク質の過剰摂取によってカルシウムが不足してしまうからです。特に動物性のタンパク質をとりすぎると血液が酸性に傾いてしまい、体は血液を中性に保つように努力しますのでカルシウムで中和しようとするのですね。そのため、カルシウムが血中に溶け出してしまうのです。

成長期の体を作るためには他にもたくさんの栄養素が必要です。例えばビタミンDですが、体に吸収されにくいカルシウムの吸収率を高めるために重要な役割を果たします。カルシウムが体外に排泄されるのを防いだりの効果もありますので積極的に取りたい栄養素です。このようにカルシウムやタンパク質だけでなく、それらがしっかりと機能するために必要な他の栄養素も一緒にとるようにしましょう。それには特定の食物に偏らず、旬のものを積極的に取り入れてバランスよく食事をしていくことが必要ですので、食事は背を伸ばすためには大切なものなのです。

フィジカルBに悪い評判ってあるの?

フィジカルBは、成長期の子どもの体作りに役立つと期待されることから、全国の親御さんたちの間で大きな話題を呼んでいる健康飲料です。子供の身長を伸ばしてあげたい、体格を良くしてあげたいという願いは、多くの親御さんに共通するものでしょう。

 

フィジカルBだけではダメ?

その願いをかなえるために必要なことには、質の良い睡眠を十分な時間取らせることや、適度な運動を継続的に行わせること、そして成長するために大事となる栄養素をしっかりと摂取させることがあります。それらの中でも、理屈では分かっていても現実に行うことが難しいのは、栄養素を摂取させるということでしょう。

理想を言えば、毎日の食生活の中で満足な量の栄養素が取れれば良いのですが、そのためには何種類もの食材を毎日たくさん食べさせなければならなくなります。そこで頼りになるのが、その中に数多くの栄養素が配合されている健康飲料やサプリなどの商品です。

 

フィジカルBの効果は?

特にフィジカルBは、成長ホルモンの分泌を促す働きがあるとされるアルギニン・丈夫な骨を作るために役立つ骨焼成カルシウム・スーパーフードとして近年大きな注目を受けているスピルリナなど、様々な栄養素を贅沢に配合した商品なので、同じような商品が数ある中でも特に高い評価を受けています。

また、基本的な飲み方が、一包み分をおよそ200ccの冷水に溶かすだけという非常に簡単なものだという点も、評判の良さの理由の一つとなっています。それでは、フィジカルBには悪い評判は全くないのかと言うと、実はそうでもないのです。

まずはその効果に関しての評判に関してですが、飲み続けている内に期待していた以上に身長が伸びたといったように、その効果に満足している人の声がある一方で、思ったほど身長が伸びなかったという、不満を覚えた人の声も見られます。

そういった点に関しては、残念ながらその子どもの体には、フィジカルBが合っていなかった可能性がありますし、また飲む期間がまだ短いにも関わらず、大きな効果を期待し過ぎていたということもあり得るでしょう。とは言え、効果があったと言っている人の数の多さを考えれば、多くの子どもにとって役に立つ可能性を持った商品だとは言えると思います。

また、悪い評判の中には味に関するものもいくつか見られます。例えば、甘すぎて飲めなかったと言っている人がいるのです。ただ、別の人の乾燥では甘すぎないので飲みやすいというものもあるので、味については個人の好みの差が大きく関係しているものと思われます。結論としては、フィジカルBの評判は全体的に良い方ではあるものの、悪い評判もそれなりにあると言うことになるでしょう。